数珠は千葉の仏式の葬儀の際に欠かせない仏具のひとつです。直置きしない、房を真下にして持つなどマナーを守って使用しましょう。

千葉で仏式葬儀を営む際の数珠の使い方マナー

数珠は仏事に欠かせない仏具のひとつ。

千葉で葬儀を営む際に、仏式葬儀を検討している場合は正しい使い方やマナーを事前に覚えておくと安心です。

▽数珠の基本知識

数珠の珠はいくつあるかご存知ですか?

正式な珠数は108個が基本で、これは仏様に合掌礼拝をしながら百八つのけがれを払うことから由来しています。

数珠は二重にして持つ二輪念珠や、半分になっている単念珠などの種類がありますが、どの数珠を使っても問題ないとされています。

持参するときは念珠入れなどにしまい、使わないときは左手に持つかかけるかするようにしましょう。

いかなる場合でも直に置くのは厳禁です。

また、神式やキリスト教式の葬儀には数珠を持参しないのがマナーとなります。

▽千葉の葬儀で数珠を持つときは

千葉で葬儀を営むとき、または参列する際は、房が真下にくるように左手に掛けて持つのが一般的です。

焼香中も左手にもったままで、合掌したのちまた左手で持つのが作法となります。

手から離すときは必ずバッグや念珠入れ、ポケットにしまうようにしましょう。

合掌は房を真下にして両手の親指と人さし指の間にかけて、親指で軽く挟むようにして持ちます。

長い数珠の場合は、両手の中指にかけて両手の間でこすり合わせるようにしましょう。

数珠は宗派によって多少の種類や用途が違ってきますが、千葉の葬儀は自分の宗派のものを持参して大丈夫です。

正しい使い方をマスターし、マナーを守って合掌礼拝するようにしましょう。


Theme by Ali Han | Copyright 2020 これでわかる!葬儀 千葉の入門書 | Powered by WordPress