世界に誇る和牛として最も知名度が高く最高級のお肉として有名なのが、神戸ビーフでしょう。

兵庫県産の黒毛和種という純粋な血統を長きにわたり存続している「但馬牛」の種類で、神戸牛と照合をもらえるのは、その中でも最高品質と認められたお肉だけです。

質の高いお肉は普段の牛の食事、また生活環境によって培われたものです。

野原を自由に駆け巡り足腰が強く、良質な野草をたっぷり食べて素晴らしい環境、管理の中、大切に育てられた牛です。

おいしいお水、素晴らしい食事、さらに人間が精魂込めて世話を行う事で、素晴らしい和牛となる神戸牛のお肉は最高級品として、ステーキ、すき焼き、焼き肉などに利用されています。

世界中から神戸ビーフを食べたいというファンが日本を訪れ、アメリカンビーフとはまた違う繊細な霜降り肉を味わっています。

神戸は古くから神戸港の開港によって多くの外国人、外国の船の船員が入っていた街です。

そこで神戸牛の肉を食べ稼働した外国人たちが、神戸牛のおいしさを自国で伝えたことで、世界的に有名な牛となったといわれています。

すき焼きにするにもステーキにするにも最高級品となるこのお肉。

インターネットでも販売されるようになりましたが、やはり他のお肉類と比較すると高いです。

でもお肉の質が全く違います。

細かく均等に近い状態で美しく入ったサシ。

口に入れるととろけてしまうような触感がたまりません。

お子さんから高齢の方まで焼肉は大好きという人が多いので、ご家族みんなで極上のお肉をすき焼きなどで楽しんでほしいですね。

Comments are closed.