数珠は千葉の仏式の葬儀の際に欠かせない仏具のひとつです。直置きしない、房を真下にして持つなどマナーを守って使用しましょう。

千葉の葬儀をキリスト教式で営む際の献花のマナー

by admin01

千葉の葬儀をキリスト教式で執り行う場合、カーネーションや白菊などを捧げるのが一般的です。

献花には作法や守るべきマナーがあるため、あらかじめ手順を確認しておきましょう。

▽千葉の葬儀で献花をするときのポイント

キリスト教式の葬儀の場合、千葉ではカトリックでもプロテスタントでも白い花を捧げる献花が行われるのがスタンダードな葬儀の形です。

ただし礼拝のときは信者でなければ無理に十字を切る必要はありません。

最近ではキリスト教式に限らず、無宗教形式の千葉の葬儀やお別れ会などでも献花を行うケースが増えてきているようです。

献花の際は、必ず花を両手で持って根元が祭壇を向くように捧げましょう。

▽献花の作法

①献花の順番を並んで待ち、順番がきたら祭壇前まで進みます。

自分の番になったら係の人から花を受け取りましょう。

このとき花が自分の右側にくるように、必ず両手で花を受け取るのがポイントです。

②祭壇前で遺影に向かって一礼します。

一礼後、花の根元が祭壇を向くように時計回りに回転させましょう。

③左手の甲を下にして祭壇に近づけ、右手は下から添えるように花を持ちます。

そのままゆっくりと献花台に花を置きましょう。

④頭を軽く下げて黙祷し、深く一礼します。

一礼後は数歩下がって遺族や神父、または牧師にも一礼をして自分の席に戻ります。

献花の際は花の持ち方や礼のタイミングなど、それぞれマナーがあります。

花をたむける手順を覚え、正しい手順で献花を行いましょう。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2020 これでわかる!葬儀 千葉の入門書 | Powered by WordPress